読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FF14雲海探索ドロップ検証 その1

パッチ3.1にて公開された『雲海探索 ディアデム諸島』に関して、ヒーラー不利とか色々言われているので、実際のところ各アイテムのドロップ率はどうなっているのか、ログから調べてみた。

 

【条件】

  • イシュガルドランディングから出発、FCハウス地下から出発両方含む
  • ノーマル、ハード両方含む

 

①まず実施結果は以下のとおり。

試行回数 12
ミストブレイク(IL210)ドロップ数 60
ディープミスト(IL180)ドロップ数 309
ミストフォール(IL150)ドロップ数 539
総ドロップ数 908

【評価】

探索1回あたりのミストブレイク(210)装備のドロップ数が5。

初期のデータ(定点狩を行っていない)を含んでいたり、夜中に入ったら90分間自PT意外いなくて★を一切狩れなかったりしたときのデータを含んでいたりするため、効率はあまりよくない(笑

 

②ロール別のドロップ数は以下のとおり。

ロール人数ドロップ数割合
タンク 1 145 1.0
ヒーラー 2 148 1.0
アタッカー(DPS) 5 615 4.2
全ロール 8 908 6.2

【評価】

はい、ヒーラーは分が悪いですね(笑

タンクとほぼ同じ数だけしかドロップしていない。

あとDPS分も少ない気がする。

均等にドロップする場合、DPSの615を基準にすれば、タンクは123なので、20以上多い。

誤差の範囲と言えるのかどうか・・・

 

③アタッカー(DPS)の装備(左側)のドロップ数は以下のとおり。

装備クラス数ドロップ数割合
キャスター 2 83 1.3
レンジャー 2 93 1.4
ストライカー 1 66 1.0
スレイヤー 1 69 1.0
スカウト 1 76 1.2

 【評価】

サンプル数が少ないため微妙だが、少なくともキャスターやレンジャーが2倍ドロップするわけではないようだ。

また、(自分が常にキャスターで参加していた関係で)実際の参加割合ではキャスターが圧倒的に多かったが、特にキャスターのドロップ数が多いわけでもない。

よって戦闘への参加数とドロップ率も関係ないと思われる。

※おまけ

装備クラス数ドロップ数割合
ディフェンダー 3 81 1.3
ヒーラー 3 84 1.3

 

④主要ステータス別のアクセ(右側)のドロップ数は以下のとおり。

ステータスクラス数ドロップ数割合
VIT 3 64 1.0
STR 2 64 1.0
DEX 3 87 1.4
INT 2 77 1.2
MND 3 64 1.0

  【評価】

 んーーー 特になし。

おおよそ②と同じ傾向。

ただしDEXが少し多いすな。

 

【暫定的な結論】

  • アタッカー間のドロップ量を考慮すると、構成としては、キャスター:1、レンジャー:1、ストライカー:1、スレイヤー:1、スカウト:1が適当と思われる。
  • 残りの構成はタンク:1、ヒーラー:2にせざるを得ないが、それだとヒーラーは不利なため、ヒーラーには何か特典をつける必要がある。(ミニオンはヒーラーのみ等)
  • レンジャー(スカウト含む)のドロップが少し多い気がするが、サンプル数が少ないのでまた後で検証。サンプル増えたら更新予定。